りんくうタウンのカフェ Flour bee*
地元で採れた新鮮・おいしい・安全な食材
材料は、新鮮で、おいしく、安全なものをなるべく使うように心がけています。
お野菜については、できるところは地元で採れた新鮮なものを選んでいます。そこから地産地消を目指して、エコ活動にも貢献しています。
▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッソマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index
りんくうタウンのカフェ Flour bee*
イタリア最高峰のマシンで淹れたエスプレッソドリンク
イタリア最高峰のエスプレッソコーヒーマシンであるLA CIMBALI(ラ・チンバリー)のマシンで、厳選された挽きたて豆とともにおいしいエスプレッソドリンクを提供いたします。
バリスタとして修業してきた経験を生かし、泡を楽しむカプチーノや、シロップと組み合わせて楽しむラテなど、多彩なドリンクをお楽しみください。
▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index
りんくうタウンのカフェ Flour bee*
カフェの雰囲気を持って帰ってみませんか?
Flour bee*で実際にmenuの中で使われている器や、また雰囲気のあうものを寄せ集めてディスプレイしてます。
カフェの雰囲気を持って帰って、おうちでもカフェ気分しませんか?
どうぞゆっくりみていってくださいね。
▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッソマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index
りんくうタウンのカフェ Flour bee*
海の近くのcafeに似合うようなFlour bee*のロゴデザイン
海の近くのcafeに似合うよう、カジュアルで楽しい雰囲気を大切に、デザインしました。
いたずらっ子のような元気な蜜蜂に、コック帽を被せたbeeは、よく見ると、お尻がマリンルック♪
お料理が得意で働き者、だけどヤンチャなbeeが、cafeをお手伝いします!
cafe同様、beeも可愛がってもらえると嬉しいです。
ロゴデザイン:NOPPO*HANKO (NOPPOなニッキ)
▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッソマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index
りんくうタウンのカフェ Flour bee*
奇をてらわず自然の空気のような表現
週末になると家族でごった返すりんくうタウン。その端っこ辺りに佇むFlour bee*。
現代人のライフスタイルの端っこ辺りで何かを伝えたい。
気づきそうで気づかない。そんなことを気づかせたい。
建てものも、食べ物も、人も、できるだけ天然にこだわり奇をてらわず自然の空気のような表現をする事を心得としております。
ホッとする外観は懐かしさと新しさを兼ね備えており、店内は白いキャンバスのような空間にメッセージが浮遊している事をイメージしています。
いつまでもいたくなるような環境で美味しい食事や読書、語らいをお楽しみ下さい。
本当はそういうことだよね、を皆さんそれぞれ感じていただける事でしょう。
▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッソマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index
りんくうタウンのカフェ Flour bee*
山﨑 こず恵

地元の素材を中心に、野菜や果物のおいしさをもっとたくさんの方に知ってもらいたいという想いから、地元生産者さんと手をとりながら、カフェオーナー兼、アクティブ野菜ソムリエ(日本野菜ソムリエ協会公認)、ベジフルフラワーアーティスト(日本野菜ソムリエ協会公認)として活動中。

地元素材を取り入れたキッシュを中心としたメニューを開発し、カフェおよびネットショップを通じて全国の方々へ地元食材のおいしさをアピールしている。
水都野菜プロジェクトにも賛同し、その中でファームライターとして、実際に畑に伺って生産者さんからお話を聞き、写真とともにブログやサイトに情報を提供することで、生産者さんたちの情熱を皆さまにお伝えする役割も果たす。

また、食品メーカーのリーフレット媒体でのレシピ考案や、野菜のおいしい食べ方、おうちカフェでの演出の仕方などを提案。
カフェにて、旬の野菜についても学べるキッシュ教室などを開催する他、専門学校での講師、市主催の料理教室講師、またベジフルフラワーアーティストとして、野菜を束ねるブーケで野菜の新たな魅力を伝えることも行っている。

▲about に戻る    
>>食材のこだわり >>ロゴについて  
>>エスプレッソマシンについて >>お店のデザインコンセプト  
>>雑貨もおいてます >>働いているスタッフ  
    >>index